不動産の売却で仲介業者を決めるポイントとその後

所有する住宅などの不動産を売却する方法として、業者に仲介を委託することが一般的な方法です。どこの仲介業者に委託するか決める場合は、安心して任さられる仲介業者に決めることが後々重要になります。例えば、査定額はとても満足のできる額を出してくれたものの、連絡が中々通じないなどの場合は良く考えた方が良いと言えます。購入希望者が現れた場合、内見の相談など、ある程度緊密に連絡を取り合う必要がありますから、とても重要なポイントであります。そして良く吟味してから、仲介契約を交わします。その後も、インターネット上のホームページで自分の物件が紹介されていましたら、それをチェックすることも重要です。見るべきポイントは、物件の紹介で部屋数などのデータが正しいか、などです。その他にも、紹介用にアップされている写真に問題は無いか、などのチェックをしておくことがお勧めです。

不動産の売却方法について。

不動産の売却方法は不動産業者に仲介を頼み、売りに出している物件に買い手が現れるのがを待つのが一般的ですが、他にも直接不動産買取り業者に買い取ってもらう方法があります。仲介のほうが売る価格が高くなる傾向がありますが、いつ買い手が現れるのか分かりません。しかし、きちんとした業者なら定期的に不動産のチラシを作ってくれたり自社のサイトに載せてくれるので大抵の場合は売却は可能です。もうひとつの方法、直接買取り業者に買い取ってもらう方法ですが、これは仲介よりも売る価格は低くなる傾向はありますが、早く確実に買い取って貰えるので精神的には楽です。いずれどちらの方法も売り出す物件は荷物を運びだし部屋の中を綺麗にしておくことが大切です。また、掃除ひとつで見栄えも違い価格に反映することもあるので売却を決めた後でも家の手入れは念入りにしておいて間違いありません。

不動産の売却と長期・短期の判定

不動産を売却した場合の売却益については、所得税が課税されます。この時、その資産を所有していた期間が長ければ税率が軽くなり、所有期間が短ければ税率が重くなるように税率が設定されています。その長期短期の判定の境目は5年です。所有期間が5年を超えていれば長期譲渡として扱われ、安い税負担で済むのです。しかし、絵画や骨とう品などの譲渡と違って、不動産の扱いは少し厳しくなっています。この5年超という期間は、売った年の1月1日時点で超えていなければならないのです。ですから、実質的に5年間所有していたとしても、カレンダーでまるまる前年以前5年所有している状態にならない限り短期譲渡になってしまい、高い税率適用されてしまうため、注意が必要です。長期短期できわどいタイミングで売ることを考えている場合は、よく売る時期を検討する必要があるということでしょう。

不動産売却プラザでは買取を実施しています。同一マンション内や所有しているお部屋、所有している戸建てや土地などで、何かの事故があった場合、不動産を短期間でスムーズに売却したいと思っていても、気になるのはやっぱり「価格」だと思います。 住み替えなどの場合は、引越し・引渡し時期に合わせた買取日の設定も可能です。不動産売却ならプラザへ