住み替えで確実に不動産を売却する場合は

現在住んでいる家から新しい家に住み替えをする場合、不動産の売却という工程が必須となります。既に次に住む家を決めており、手付けなども済ませているケースでは、その本契約の期日までに現在の家を売却する必要があります。勿論、自己資金が豊富にあればその限りではありませんが、売却資金を頭金とする場合は急務となります。そのこともありますので、仲介を依頼する業者の選定も慎重に行う必要があります。このケースでお勧めなのは、仲介販売が設定した期日までに完了しない場合は、一定の割合の額で買い取りをしてくれる業者を選択することです。仲介は運の要素も強いですから、上手くすれば高い値段で契約が成立しますが、運に恵まれなければ買い手が現れないこともあります。その保険の意味でも、最終的に買い取りを確約してくれる業者ですと、その点の心配が不要になります。

不動産の売却に至る背景は

近年、相続した実家を売却する人が増えてきていると聞きます。最近は、大人になって結婚することになった子供のほとんどが家を出て、親とは別に家庭を築きます。同居というスタイルが好まれなくなった背景には、親世代も元気で長生きできるようになったため、自分たちの自由にしたいということで、お嫁さんとの窮屈な同居を嫌うようになったこともあるでしょう。子供も親も、それぞれ自由に生き、家庭を築く時代になったため、親から家を相続したとき、住む家は既にある人がほとんどです。そのため、古い家は売却してお金にしようということになるのですが、実際のところ、築年数を経た古い家がそのまま売れるケースは珍しく、更地にするなどして売りに出す必要があり、不動産の売却は思ったほどお金にならないという声も聞かれ、売るのが難しい時代になったとも言えます。

住宅ローンが残っていても不動産は売却できます

住宅などの不動産の住み替えでは、住宅ローンが完全に返済されていないと売却が不可能か、と言いますとそうでもありません。住宅ローンが残っておりましても、それは可能であります。ほとんどの銀行などでは残りの金額をまとめて返すことができますので、その不動産を売却して手に入ったお金で、ローンを一度に返してしまえば住宅ローンは完了となります。その上で、次の新居を購入する際に、改めてまた住宅ローンを組みますと、住宅の住み替えが行えるようになります。その為、今住んでいる住宅は少しでも高い値段で手放した方が有利になりますので、仲介での販売が良い選択と言えます。業者による買い取りという選択肢もありますが、この場合は仲介よりも多少値段が下降する場合が多いと言えます。ただし、早急に現金化する必要に迫られている場合では、買い取りは非常に効果の高い選択肢ですので、状況により判断するのが良策です。